積み木

初心者なら不動産投資セミナーで知識を盗もう

民泊ビジネス大成功

紳士

プロはやっぱり違う

これからオリンピックに向けて、日本ではホテルの数が足ら無い為に民泊が増加してくると見込まれています。その為、民泊の代表格であるairbnbで民泊のサイドビジネスをしようとされている方も増加中です。空いているお部屋や家をうまく利用して収入をえるというのはいいアイディアですが、やはり他人さまにスペースを貸す、となると客商売になるわけですから、それなりに貸す側もきちんとしなくてはいけないことが多々あります。まず大切なのはロケーション、そしてお部屋の清潔さとおしゃれさ、アメニティの充実度が最重要ポイントといえるでしょう。家具などのセンスも関係してきます。折角部屋をairbnbにリスティングしても誰も宿泊してくれなくては意味がありません。そこで少しでも宿泊者を増やす為に、代行業者の力を借りてみてはいかがでしょう。代行業者はプロですからお部屋のアドバイスから部屋作り、賃貸に関わる全てをカバーしてくれます。

オーナーが気をつける点

airbnbの代行業者を依頼すると、代行業者はまず貴方のお部屋を借り手にとって魅力のある部屋になるよう、徹底的にアドバイスしてくれます。そしてairbnbのサイトで宿泊者が宿泊したくなるような素敵な写真や万人にわかりやすい英語でリスティングをしてくれます。この時点でプロのパワーを発揮していますからかなりの問い合わせや、閲覧数が見込めます。さらに実際に宿泊希望者から問い合わせが来た際にもオーナーでは中々早急に対応できない場合であっても代行業者ならば一定の時間内に宿泊希望者に回答をしますから、好印象にも繋がります。オーナーは全て業者にお任せしておけば、宿泊者は宿泊しにくるし、収入は入ってくるしで手間要らずです。しかしながらやはりオーナーとしては、お部屋が常にairbnbのスタンダードに見合う清潔さ、安全さかどうかを常に配慮する必要があります。