積み木

初心者なら不動産投資セミナーで知識を盗もう

借主利便性を考慮

つみき

借主による対応が良い

マンションなどの収益物件を経営するとき、いろいろな借主に対応できるとより入居者を増やせます。もちろん借主の幅を広げすぎると、その分リスクが大きくなることもあります。リスクが大きくなるときには、一定のリスクヘッジも考慮する必要があります。貸主としては、多くの人に貸すのはいいが賃料が滞納されるリスクが増える場合があります。そのリスクを減らせるのが賃貸保証会社です。滞納があったとしても、この会社から賃料を支払ってもらえます。ではすべての借主に賃貸保証会社との契約を依頼するかですが、それは借主の負担を増やすことになり、逆に利用者を制限しかねません。貸主からすると、入居者の状況により利用するのが良いでしょう。どうしても保証人を立てられない人などに適用するといいでしょう。

安定的な借主確保

賃貸物件の経営では、物件に人気があるかどうかは非常に重要な問題になります。立地や設備、セキュリティーなど借主はいろいろなところを見ます。それに賃料があっているかなどもチェックしています。貸主側からすると、場合によっては入居者を安定的に確保できない場合があります。賃貸保証会社を活用することで、借主の確保ができる場合があります。保証人を立てて契約をすることになりますが、立てられなくて入居を断念する人もいます。賃貸保証会社を利用することで、保証人の代わりになります。保証人がいないことで利用できなかった人を入居者として確保できるようになります。物件に人気がなくなってきたとしても、それなりの入居を見込むことが出来ます。